久しぶりに父の方の問題が少し起きる

もう今やペーパーレスということで銀行はweb口座にしている。

私自身が口座を持っている某銀行から、数年ぶりに珍しく規約改定のハガキが来た。
これが来たということは、同銀行の父の口座からも同じ通知が来るはず…しかも宛先は、退所済みの施設だ。

施設が「もうこちらにおられない方のものです」と銀行へ返送されると非常にまずい事態となる。

なぜなら、口座には死亡届けを出していないからだ。
認知症の母が印鑑証明を出せないので遺産請求ができないし、口座が凍結されると母のためにお金をおろせなくなってしまう。

そこで父の施設に今後の郵便物の手配をしてもらう相談をするべく電話をかけた。
ちょうど、相談員さんは当時の方だったが、退所してちょうど一年経つのでねんのため名前などをゼロから説明する。

また、郵便物を確認してもらったが、銀行からのハガキは来ていないようだ。
でも今後来る事は十分ありえるので…、
事情を話すと快く対処(転送)をします、職員にも通達しますと言ってくれた。

手間賃、送料なども払うのでと言ったがそれはいらないですよと笑って答えてくれた。びっくり。

何はともあれ先に憂いを断ち切れそうで良かった。

前の記事

母の新型コロナ陰性